読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Smart Liberty

とある集まりで、みんなが書きためた作品を発表する場として作りました。

Lovely Crazy Happy Days!

「ねーねー」 「……」 「ねーってばー」 「……」 「むー……」 「……」 「無視しないでよー!」 無視してるんじゃない。全部お前のせいだ。 俺が目だけでそう訴えると、目の前のチビはハッとしたような顔をして、申し訳なさそうにうつむいた。しかしそれも一瞬の…

フールファーザー・ブラインドネス

五年前、妻との間に子をもうけてから、このままの職では食いつなぐことすら難しいことに、今さら気がついた。娘が幼稚園へ通ううちは、まだ収入に余裕があるが、あと二年もすれば、義務教育のため、二、三倍の費用がかかるだろう。専業主婦である彼女は、私…

心年

2016年が終わるまで、残り数分。僕は今、慌てている。好きな子からのLINE。送られてきた一言に僕は動揺を隠せない。 「好きです」 残り5房のみかんを一気に口に詰め込んだ。1房ずつ食べるはずだったのに…… しかし、このメッセージは本心からなのか……いや、…

世間は狭い

家から遠い場所にある高校から、今日もぼんやりと、電車の扉横の手すりにもたれながら、家まで帰る。 それは智咲にとって、いつもと代わり映えのしない風景であった。 この電車に乗っている間に見えるものは、ほとんどが地下に通った穴を内側から見ただけの…

努力とは

past ドン! 駅前の道を歩いていると肩に強い衝撃が走り、思わず振り向く。ぶつかってきたのは二十代前後の若い男。男は軽く会釈し、またとぼとぼと歩いていく。あまりにも日常的で、ありふれた光景。なのに男の背中を見ているうちに僕は激しい胸騒ぎに襲わ…

狼少年

狼少年 汚い犬を拾った。毛は泥だらけでゴミだらけなのに、その目だけは爛々と輝いていた。「生きたい」と、私に向かって叫んでいたような気がしたのだ。 私は学校帰りだったから、いったん家に帰って荷物を置き、大きめのタオルを持ってまたその場所へ引き…

ウサギとカメ (ラ行抜き)

昔々、辺境の地にウサギが一羽住んでいました。ウサギにはカメの旦那がいて、いつもウサギは川に魚を捕まえにカメは家で家事をしていました。最近ちょっと有名な主夫です。以前はカメが魚を捕まえていましたが、年を重ねたことで腕のパワーが低下し、川に落…